活動報告

公益財団法人 山本能楽堂

大阪で一番古い能楽堂で、約90年間も大阪の文化振興につとめられ、能楽だけでなく、 文楽・落語・講談・浪曲等の大阪の文化遺産である上方伝統芸能の普及・啓発にも取り組まれ、 古典芸能の発信基地としてご活動されていることに感銘を受けました。新しい事にも挑戦され、 国内だけでなく外国人の方を対象とした公演や、世界へ広める活動もされており、 90周年事業や上方伝統芸能の発展にご活用いただきます。

【山本能楽堂様よりお礼とご報告を頂戴しました】

この度、大坂城とブルターニュ大公城が交友城郭提携を結ぶこととなり、 ナント市での調印記念の能楽公演をフランス・ナント市の市長公館、ブルターニュ大公城、オペラ座で盛会に開催させていただき、 大阪市とナント市の国際相互理解を深め、日仏の文化交流につとめさせて頂くことができました。心より感謝申し上げます。
今回の提携に先立ち、3年前に大坂城の収蔵品が海を渡り、ブルターニュ大公城内のナント市立博物館において「サムライ展」が開催されましたが、 開館始まって以来の入場者数を記録し、フランス国内における年間最高の展示であったと高く評価されました。 その流れを受け、ナント市では日本そして大阪に対する関心が非常に高まっており、今回の能楽公演はまさしく満を持しての開催となり、 大成功をおさめさせて頂くことができました。公演のほかにも、ナント市の高校生や一般の方を対象としたワークショップを開催させて頂きましたが、 参加者からの質問が飛び交い、高い関心や興味を持って頂く事ができました。
また、今回のナント市での能楽公演による交友を記念して、11月4日(土)に、大坂城天守閣前本丸広場で、凱旋公演をさせて頂きました。

写真:ブルターニュ大公城

ブルターニュ大公城
・能楽公演「石橋」
・高校生や一般の方を対象としたワークショップの開催

写真:オペラハウス(グララン劇場)

オペラハウス(グララン劇場)

写真:能楽公演「土蜘蛛」

能楽公演「土蜘蛛」

活動報告へ戻る