活動報告

ヴァイオリニスト 清水 公望

英国王立音楽院留学に対する学費として、清水公望(しみず くみ)さんに奨学金を支給しました。
清水さんは、幼少期に阪神淡路大震災を経験された時、ヴァイオリン(音楽)に救われ、音楽で人の心を救いたいと考えられ、病院や介護施設の慰問、児童施設等での演奏活動も行っておられます。
音楽家として、音楽で人を救いたい。心を癒したい。という強い熱意に感銘し、支援いたしました。
帰国後は、プロのヴァイオリニストとして益々のご活躍を期待するとともに、引き続き社会貢献への積極的な活動、また、クラシック音楽文化の普及の足掛かりとなっていただきたく応援いたします。

清水 公望
活動報告へ戻る